【漫画】自分と違う世界の話しなのに、共感したり、響く短編たち”わたり鳥の話”市川ラク

スポンサーリンク

一時期、こういう絵のきれいな、切なそうな、

独特の世界観を持ってそうな漫画を片っ端から買って読んでました。

本棚がごった返してしゃあないので、最近は買うのを控えてましたが、

旦那がいないのをいいことに、気になるもの片っ端から買って読みました。

その中の一冊。

【かわいいケーキ屋さんに並ぶ、いろんな味のケーキたち】


あらすじ

あなたのために、「海」だって越えようと思った。期待の新鋭の、瑞々しく多彩な作品集。

月刊コミックビームでデビューし、「金の靴 銀の魚」「臭えば獣 香れば媚薬」と、

その独自の美学溢れる作風でユニークな活躍を続ける女流新鋭、初のオリジナル短篇集。

個性溢れる処女作から、読み応えある青春譜、毒を含んだ童話に切ないSFファンタジーと、

その初々しい個性きらめく多面的な魅力を一冊に凝縮。

感想:★★★★

他の作品も読みたくなりました。

どのジャンルもいけそうな漫画家さん。

幅が広くて、それぞれの世界観も浅くなくて、

絵もそれぞれで違う(時期も違うのかな?)。

進路に悩む美大生の話。

女だけの秘境の秘密についての話。

童話。

抽象的な精神世界の駆け引きの話。

双子の片割れが整形美人になる話。

他にも高校生の話しとか、いろんなドアがあって、開けてみるとその世界がのぞける感じの面白い一冊でした。

個人的には、童話の絵がすごく好きやったのと、

双子の話しが特に好きやった。

人生を変えるわけじゃないけど、じんわり染みていくようなこういう漫画、好きやな。

やっぱり。

とはいえ、漫画の爆買いが旦那にバレて、怒られているので、なんとかせねば…

低血圧そうな女性におススメ!笑

その他の作品もまた出会ったら読んでみたい!







最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報のチェックはこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。


友だち追加


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。








スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です