「普通の家族なんて、ないよね、どこにも」渡る世間は鬼ばかりにハマる

二夜連続で、渡る世間は鬼ばかりやってました。

今80歳になるおばあちゃんと住んでいるので、

合わせてみてましたが面白くて、ハマりました。

アラサー女たちの傷口に大量の塩を塗り込むような、東京タラレバ娘と同じくらい、

「うわ~わかるわ」と思いながらみていました。

スポンサーリンク

「生きがい」って必要とされること?

ネタばれます。

渡る世間は鬼ばかり、

今回は幸楽改装で幸楽メンバーに一ヶ月自由が与えられるという設定でした。

サツキさんは、

息子の嫁さんの悪阻の状態を助けてあげよとして、

息子経由で断られたり、

兄弟のところを訪ねては、やれることがないかとまわるんですが、

ふいに居場所を探そうとしても、

それぞれの生活があるので、隙が無い。

「誰も私を必要としてない」

「いや、でも何か私にできることがあるはずだ…」

といろんなところを回っていきます。

その様子をハラハラして見ている気持ちが、

家族を見ているのとシンクロしました。

「離婚」「夫婦格差」「別居、同居」「世代交代」「妊娠」「親を老人ホーム」

2夜連続の中に色々な現代っぽい課題が盛り込まれてました。

凄いドラマや、コレ。

家族は1つの単位ですが、それぞれが成長してそれぞれの家庭を持つと、

また新しい単位ができる。

その関わり合いの中で、いろんな変化がある。

嫁と姑との距離感、兄弟同士の心配事、

頼ったり、避けたり…縁がきれたり、新しい縁があったり。

自分に起こると、

「一大事!みんな!聞いて!」

みたいになりますが、ドラマで見ると、

「あるある、わかるわ~」

とちょっと冷静に、共感できるので面白いです。

坂本「どこにもなんかしらあるね」

ばあ「うちらあばあやないね」

見終わって思ったのは、

「自分たちだけ」って思わないでいいってことでした。

「ありえんなー」と思って人に相談するけど、

同じように人も、「ありえんろー」と言いながら言うてくる。

むしろなんもない、普通とされている家庭がレアなのかもしれない。

このドラマを見て、

自分たちがイレギュラーに不幸とか思わなくていいなと思いました、


ドラマを娯楽として久しぶりに楽しめた。

過去作品も見たいと思ったけど、鬼ほどあるので、

それこそ老後の楽しみにおいておこうと思います。







最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報のチェックはこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。


友だち追加


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







The following two tabs change content below.
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください