【京都】生後二か月の息子を連れ、里帰りの中継地に選んだのは部屋食OK、アクセス◎な「ホテル本能寺」

スポンサーリンク

旦那が車で北陸から800キロ南下してくれ、高知に迎えに来てくれました。

が、さすがに生後2か月の息子を

この10時間のオーバーのロングドライブに同行させるのは無理じゃない?

ってことで真ん中関西で一泊していこうかということになりました。

せっかくなら、結婚式に呼んでもらって、

かつ旦那を紹介していない友人に会おう、ついでに土地勘もあるほうがいいし、

今回はとりあえずKYOTO!!で。

色々考えた挙句、今回はコチラにお世話になりました。

生後2カ月のこどもを連れての宿泊

不安しかない。

いやー、うちも旅館ではたらいているのでわかりますがね、

首も座ってない子を連れてくるお客さん、さすがにあんまりいません。

なので今回は里帰りの中継地であること、生後2カ月であることをホテル側に伝えました。

早めに伝えたり、電話で色々聞いていたからか、

予約した後電話があり、

部屋食確約、風呂付の部屋にゆうずを聞かせてもらいました。

神かな?

ありがてぇ。

しかもついてチェックインした部屋、角部屋の隣がたぶん物置。

玄関広い、ベビーカー余裕で置ける。
お風呂も広い…

ああ、ありがたすぎる。

ちなみに窓の外は本能寺でした笑

うちの旅館でもそうですが、事前にできるだけ情報を伝えることで、

お互いの最善の選択をしてトラブルを防ぐことにもなる場合があるので、

事情がある場合はわかりやすく伝えておくことをお勧めします。

お世話になるとき、接待さんにお心づけを渡すものですが、

今回はフロントの方に色々ゆうず聞かせていただいたので、

お菓子の差し入れをしました。 

食事は2回とも部屋食、一気出しがありがたかった

普段はいいとこ泊まってすこしづつ出てくる料理を説明を聞きながら楽しむ…

これが理想ですが、子どもができてからそんなんゆうてられません。

寝た隙に

ごはんかきこむ

母親よ

「お願い、この間だけはもう少し寝ていて…」

そう祈りながら、営業時代の1.5倍速のスーパー早食いで食べてます。

食事時間になると、接待さんが全部並べてくれました。

京都はやっぱ北陸と違うな~

練り物とかも多いな。

あ、手毬寿司もある。

んーしあわせやな。

産後、こんないっぱいの種類一度に食べるのあんまなかったしなー

と旦那と向き合い、モリモリ食べました。 

デザートの抹茶プリン、カラフルなゼリー?が食感がちがって愉しめました。

因みに朝食はこんな感じ。

ごはんもおかわりしてしまいました。

丁度いい。

これで二人で24,000円ほどだったので立地をを考えてもとても満足でした。

ごはんをもとめてさまよい歩き、泣かないかヒヤヒヤしながら早食いしなくていいのがありがたかったです。

大浴場も2つあり、旦那にみてもらいながら2つとも入りました。
足を伸ばして一人でお風呂、最高過ぎる…

駐車場は本能寺境内!?

一番びっくりしたのが駐車場。

ホテル近くのここをぬけたとこなんですが…

まじですか笑

一泊、翌10時までで1,000円で、

次の日13時まで更に1,000円ほどで延長できたので延長して買い物に出かけました。

これも新しく駐車場探して右往左往しなくてよくて助かりました。
広いし、ベビーカーも運びやすい。

コチラの宿、リアルに市役所前で買い物するには超好立地。

三条は3分位歩けば付く感じ。

四条までも10~15分もあれば着くし、お店いっぱいあるので、

食後も、次の日もついつい散策に出かけてしまいました。

包丁を買った幼馴染の働く有次にも行きました。

砥石、ゲット!

因みに京都はポケスポットがありすぎて、ボール不足ってことがありませんでした。

部屋でもポケスポット2個あったし、たまにジムにも行けた…。

接待さんも他の従業員の方たちも優しかったし、また高知帰るときの中継地はここリピートするとおもいます♪ 


産後の自分とは相性の良い宿でした。
おススメです。

【お店情報】

ホテル本能寺

HP→ホテル本能寺

住所→京都府京都市中京区河原町西入(京都府京都市中京区寺町通り御池下ル下本能寺前町522番地)

Tel→075-231-3123

駐車場→有料(本能寺境内、上限あり)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報のチェックはこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。


友だち追加


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です