【働く坂本31】約半年のブランクを経て、職場復帰しました

旅館は正月が繁忙期。

若女将「できたら正月くらいに戻ってきて手伝ってくれたらいいな」

そんな感じで息子生後5か月をめどに保育園などを調整し、総務に助言をいただきながら職場復帰しました。

スポンサーリンク

勤務形態はどう変わる?

勤務形態は、おまかせしましたが、

★月6日休み、8時半~18時半

だったのを、

☆月8日休み、9時~16時勤務

の産後時短勤務に変更してもらっての出社です。

月給だったのを、いつ呼び出されるかわからないので、日給にしてもらいました。

復帰して、どう?

良かったところ

●生活のメリハリが持てる

●達成感を感じられる

●自分の居場所が家以外にある

●自分を奮い立たせなくても運動ができる

●社会に求められるうれしさを感じる

●いろんな人と話せる

●収入がある

●旦那も育児スキルアップ

●息子も哺乳瓶クリア&お気に入りの先生ができた

●自分のお昼ご飯を用意しなくていい

●尊敬できる人や、素敵なお客様に刺激をもらえる

●戻って2.5キロ痩せた

など、産前はなんでもないようなことだったことにありがたみを感じます。

育児していると認められてる感&達成感が本当になくなってくるので、

なんか職場復帰したら水を得た魚のようにのびのびしているのを自分でも感じます。

働かせてくれて、感謝しかありません。

悪かったこと

●産後太り解消できず、制服パツパツ

●体力が思った以上にない

接待さんたちは、生粋の女ので、体型とかに関してストレートなんです。

接待さんA「あれ?あんた顔だけ見たら痩せたと思ったけど、体はそうでもないね」

接待さんB「さかもっちゃん、動かなきゃだから、浴衣特大持ってきて💛」

んー懐かしいな~この感じ!

姉さんたちの中にいると女の強さを感じます。

戻って一ヶ月

わたしの場合は、ですが、戻ってよかった。

戻った職場がここでよかった。

心をぶち抜かれる絶景と、接客、料理、受付のプロ、女将さんたちとの仕事は、

出産で浮世離れしていた自分をざーっと現実に戻してくれました。

時短勤務の中でできることは限られているし、

フォローしてもらうことが多いのでためになっている感は薄いですが、

居場所を作ってくれている会社と社員さんたちのためにもできるだけできることをしていきます。

よし、明日も頑張るぞ!!!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

【更新情報のチェックはこちらから】



【さかもとみき】

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩。京都、金沢、富山高岡からの能登半島住。

転勤族で、北陸か高知に大体おります。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務。旅館ではオールサポートという何でも屋。

プロフィール

マーケティングやお店のPRに関してのアドバイスが得意。

…なんですが恋愛相談ばかりされるので、恋愛相談室はじめました。

→【さかもとみき相談部屋(BASE)

「恋したいけど自信がない」「元カレが忘れられない」「結婚したいけど…」

相談のってます。

そんなわたしがほしいもの→【坂本のAmazon欲しいものリスト


【CONTACT】

寄稿、ライティング、インタビュー(人となりをわかりやすく記事にします)

仕事ください!

ご連絡は、

thelittleprince516@gmail.com

②LINE@

QRは↓


友だち追加


③FBやTwitterからのメッセージからどうぞ。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です