【漫画】遺伝子や特性は、生物の未来を作るのか、人間のおもちゃになるのか『ディザインズ』五十嵐大介

ずーっと絵が苦手で絶対話は好きなのに、敬遠してきた五十嵐大介作品。

映画で見たリトルフォレストがあまりにもよくて、漫画を集めだし、

そのタイミングで借りました。

うーん、面白い。

世界観、好きやわ。いまは絵もすんなり見れる。


わさびがダメやったのに、今はほしくなるように、作品も好き嫌い年と共に減るのかもね。

癖がいい感じに今は受け入れられる。例えるなら…

スポンサーリンク

【きゅうり、とまと、オクラ、みょうがのさっぱり夏野菜サラダ】

あらすじ

自然界を超越した異形の生物──HA(ヒューマナイズド・アニマル)。それは遺伝子を”設計”された、ヒトと動物とのハイブリッド。HAが備える驚異的な身体能力は、野心を抱く人々の策略によって殺りくの現場へと投入され、その真価を発揮していく。ヒトは何のためにこの異形をデザインしたのか──その背景には、人類の未来へとつながる壮大な計画が横たわっていた! 稀代の表現者・五十嵐大介が放つハードSF、ついに登場!

感想:★★★

いい感じ。

続き読みたい…集めるかも…

と思ったらもう少しで出るみたいですね。

野生の勘や身体能力を人に混ぜると…最強の兵器が出来上がる。

今どんどん現実世界でも新しいことが発見されていて、多分、便宜上表に出せないものも多々あるんやろうなと思うと、こういう漫画の中の出来事も数年後は結構起こるかもしれんとか思ってしまう。

人類という種は悪なのか、善なのか。

残るのか、淘汰されるのか。

テラフォーマーズやハンターハンターのアリ編のもそうやったけど、相変わらずこういう生物の特性を見ることのできる漫画、萌える。

ワクワクする。

色んな生物の視点があると思うと面白い。

特に海の中なんて、人間が知らんものや感覚、ルールがたくさんあるんじゃないかな。

感覚的な目に見えないものの特性が彼らにはどんな世界を見せているのか。

       

息子に早くいろんな図鑑とか買いたいな。

生物の世界にどっぷりハマりたい。

ある生物の特性を人間に混ぜたら、どっちが残るのか、濃くなるのか。

どっちが必要で、どっちがいらないのか。

この世界は、どうなるのか…続きが気になります。

【おススメ】タブレットで読もう!場所をとらないKindle本!

●端末

●アプリ

    

  

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

【更新情報のチェックはこちらから】



【さかもとみき】

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩。京都、金沢、富山高岡からの能登半島住。

転勤族で、北陸か高知に大体おります。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務。旅館ではオールサポートという何でも屋。

プロフィール

マーケティングやお店のPRに関してのアドバイスが得意。

…なんですが恋愛相談ばかりされるので、恋愛相談室はじめました。

→【さかもとみき相談部屋(BASE)

「恋したいけど自信がない」「元カレが忘れられない」「結婚したいけど…」

相談のってます。

そんなわたしがほしいもの→【坂本のAmazon欲しいものリスト


【CONTACT】

寄稿、ライティング、インタビュー(人となりをわかりやすく記事にします)

仕事ください!

ご連絡は、

thelittleprince516@gmail.com

②LINE@

QRは↓


友だち追加


③FBやTwitterからのメッセージからどうぞ。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です