【夫婦日記】転勤族の妻は楽しい

旦那の104歳のおばぁちゃんにひ孫を見せに旅に出てました。

104歳のおばぁちゃんにズボンを直してもらう息子は、前回おばあちゃんと会った頃、息子はお腹の中にきたばかりでした。
今、2人は出会った。
時がたつのは、早い。
そんな山梨旅の中、400キロドライブで旦那ととりとめなく話をする。
「もうここまできたらほっとするね」
と能越道を走りながら話していると、不思議な気持ちになってくる。
「引っ越すのが嘘みたい」
ふと気をぬくと、自分が、町の一員みたいなのに。
ここには、行きつけの魚屋も、肉屋も、JAも、お気に入りのお寿司やさんもたくさんある。
道を通ると思い出す顔がある。
送り迎えで何度も通った裏道。
お祝いの日のケーキ屋さんも決まっている。
楽しいことがあって、悩んだことも、辛かったこともあった。
きた時はまだ独身で、こどももいなかった。
図書館には何度も行ったし、海の前でお酒も飲んだ。
ジャズが似合うマチだなぁと思ったら、ジャズフェスがあってびっくりした。
おかしいなぁ。
もっとここにおる気がしたけどなぁ。
でもこの気持ちは、なんとなく覚えがある。
高岡を出るときも同じようなことを思っていたのを旦那と話す中で思い出した。
好きな町が、私たちはまた増えた。
戻ってきたいなぁ、また住みたいなぁという場所が。
自分にとって特別な町が増える。
好きな場所、店、人、職場、食べ物が毎回増える。
転勤族は大変と言われるけど、別れは寂しいけど、私は悪くないと思っている。
さて、荷造り、やらねば。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

スポンサーリンク

【更新情報のチェックはこちらから】



【さかもとみき】

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)

18歳で脱藩。京都、金沢、富山高岡からの能登半島住。

転勤族で、北陸か高知に大体おります。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務。旅館ではオールサポートという何でも屋。

プロフィール

マーケティングやお店のPRに関してのアドバイスが得意。

…なんですが恋愛相談ばかりされるので、恋愛相談室はじめました。

→【さかもとみき相談部屋(BASE)

「恋したいけど自信がない」「元カレが忘れられない」「結婚したいけど…」

相談のってます。

そんなわたしがほしいもの→【坂本のAmazon欲しいものリスト


【CONTACT】

寄稿、ライティング、インタビュー(人となりをわかりやすく記事にします)

仕事ください!

ご連絡は、

thelittleprince516@gmail.com

②LINE@

QRは↓


友だち追加


③FBやTwitterからのメッセージからどうぞ。


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。







The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です