スポンサーリンク

自分を好きになれない人が「幸せ」に生きる方法

スポンサーリンク

思春期から自分のことが好きではなく、今も別に好きではありません。

そんな自分を好きになる人を信用できないと思い、ひねくれた恋愛期を経て、ダメンズを渡り歩き、疲れて普通に優しい旦那と結婚しました。

幸せです。

自分を嫌いと思って生きるのはしんどい

こんな自分だから仕方ない」

「私がブスだから」

「自分はこうゆう性格だから」

自己評価は低いくせに、自分のプライドが傷つく度に言い訳ばかりして更に落ちます。

そうすると、

「なんで自分はこうなんだろう」

ダメな自分に自分が集中しだしてそこにまた執着してしまいます

負の、自分ループです。

美人でも、フラれたり、辛いことはある

友人が、美人&いい女揃いでした。

大学に入っても、ギャルじゃないのに、つるむのがギャルでした。

若く、容姿は申し分ない彼女達も悩んでばかりいました。

男運が悪かったり、ヤリ捨てされたり、事故にあったり。

私は、気づきました。

さかもと
美人でもブスでも、スレンダーでも、グラマラスでも、リア充でも根暗でも、金持ちでも、貧乏でも…人は、みんな、ダメな時はダメなんや

そう、

「自分だから」

じゃない、と。


辛いことがあったら省みるのは悪い自分ではなく「原因」にしよう

フラれたとしたら、

「私なんかが好きになったってやっぱり…ゴニョゴニョ」

ゆうても、彼女おるかもしれんし、既婚かもしれんし、許嫁がおるんかもしれんし、好きな人が他におるかもしれん。

仕事やとして、営業でライバル会社に負けたら、

「私やから…」

じゃなく、「価格」かもしれんし、「関係性」かもしれんし、「キャラ負け」なんかもしれんし、「ネームバリュー」なんかもしれん。

原因を考えると、「私やから…」以外の答えが出てくる。

諦めると、楽な気がするけど、思考がそこで止まる。

成長もそこで止まる。

考える気がない恋人は、壁にぶつかったら一緒に乗り越えられんし、考える気がない営業は、数打ってスーパーラッキーパンチでもないと契約は取れん。

「自分のこと」を考えるふりして思考停止するのをやめると幸せになれる

恋愛に疲れたとき、

「私の気持ち」

とかいう曖昧で失敗しかしてこんかった考え方を捨てた。

「私がどうなりたいか」

を考えた。

さかもと
どうやら私は結婚したいらしい。こどもも欲しいらしい

と考えると、理想と自分の望むものに大きな差があることに気づいた。

じゃあ、どうしようか…

その試行錯誤が、今、自分をそんなに好きじゃない私を幸せにしている。

簡単な2つの思考の変え方

だからと言って、自分のことを全く考えないのも違う。

考えるのは2つ。

①自分が何が好きか
②自分はどうゆう時に幸せか

それを考え、自分が楽になるように実行していく。

ただそれだけでいい。

「自分が自分が」とこねくり回しながら自分に酔うのを早くやめないと、イタイ人になって人から疎遠にされ、更に負の自分ループに陥るのでそうゆう傾向がある人は、すぐにやめてください。

変えると、楽です。

安い文句ですが、人生、変わります!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です