2018年で一番買ってよかったものNo,1はバスローブ(今治タオル)でした

バスローブ

バスローブってどんなイメージですか?

正直、私はバブルっぽい人か、セレブ風な人が使うものだと思ってました。

庶民には関係のないものだと。

でも、私、32歳にしてかっちゃったんです。

バスローブを…。

スポンサーリンク

毎日感謝!バスローブ革命

今、二人目里帰りで高知に帰ってるんですが、お風呂って子ども入れてるともう、あったまるとか、保湿~とか髪を乾かすですら困難じゃないですか。

これで、二人?笑

と思うと確実に風邪をひくと思いました。

で、バスローブを検討し、楽天ポイントもたまってたので、庶民のクセにバスローブを買いたいと旦那に直訴してました。
(旦那はイエスマン)

そしてゲットしたのが、7,000円ほどのバスローブ(半分は楽天ポイント利用)!

これが……鬼かと思うほどいい買い物でした。

私は妊婦で背も高いし旦那も入院中使えるようにと大き目のXLを買いました。

優しいタオルに包まれる日々

バスローブなんていううさんくさいものを使う日が来るなんて思いませんでしたが、使い始めるとあれですね。

もう、何枚か買おうかなと思うほどいいものですね……

びっくりしました。

息子が湯船から上がる前に羽織って、息子を拭き、保湿し、パジャマを着させ、歯磨きまでして、さて自分が着替えようとすると大体もう拭かなくていい位乾いてます。

息子をケアしている間も寒くないし、風呂上り戦争がこんなにも穏やかになるなんて思ってもみませんでした。

優しいタオルの感触のおかげで、息子への態度も優しくなった気がします。

バスローブ、最高!!!

次に楽天ポイントが貯まったら旦那にも買ってあげたいと思っています。

The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バスローブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください