スポンサーリンク

お金は、愛だ~結婚生活が始まるまでの費用は平均667.7万円~

スポンサーリンク

結婚式してないアラサーバーバパパ体型の坂本です。

散歩中に、カーブミラー見てワンピ姿の自分のフォルムに衝撃を受けました。

それはさておき、最近若者のツイートに夢のない言葉をぶち込みました。

最近、島で(自分のお金ないこと以外)平和ボケしてるんですが、これって旦那のおかげだなー結婚してよかったなーありがたいなー愛ってお金やなーとふと思いました。

愛はお金で買える気がする。

自分が相手にしてあげたいと思うことも基本、お金で買えるがやもん。

では、恋愛の向こう側、結婚にかかる愛のお金に関して調べてみましょう。

結婚式して落ち着くまでの愛のお金の平均667.7万円

結婚式にかかる費用平均359.7万円
婚約関連の費用相場161万円
新生活にかかる費用※1相場72万円
式後にかかる費用相場75万円
ゼクシィより

うわー。

うわー。すごいなー。

うわー、まだこのモデルケースで結婚する人おると思うとすごいなー。

と思いましたが、

667.7万円÷3万(ご祝儀代)=222.5人

なので、250人集まる式すればまあ、+でるか…

結婚式経験者はこの数字を見ても「まあ、いけるいける」って思うてそうです。

ただ、地方のちょっと若くてお金と常識ない子らあの場合祝儀1万とか2万で赤出る話もきく(てか弟の結婚式がそう)ので地域性もあるかもしれませんが、いきなり500万いる!めどたたん!みたいにはなりそうにないですね。

なんだ、結婚式現実的やん。できるやん

やりかたによっては費用を抑えたり収支のバランスのいい式をすることも可能かも。

会費制の式もふえてきゆうし、そういえば、1から式を作った友達の結婚式にカメラで参加したこともあったわ。

オリジナルなウエディングプランを無料で作成
「自分らしい結婚式なら」gensen wedding

先輩はキャンプファイヤー婚するっていよったし、能登ではテント婚て道の駅でやる結婚式もあったし、合う二人がプラン練ってすすめるなら楽しくできる時代なんですね。

私はしなかったですが、クリエーターズファイルみて、パーカー婚ならしたいなと思いました。

ただ、式の前の結婚指輪だ顔合わせだわ結納返しやらでお金が式の前にも結構かかるので(婚約関連の費用相場161万)150万~200万円くらい貯めておくとバタつかなくてよさそうです。

結婚して幸せになるにはいくらお金が必要か

結婚式はなんとかなりそうですが、結婚後の生活ですよね。

20歳から10年で約2000万円稼いで貯金が0の女

↑でも書きましたが、サラリーマンと公務員の生涯年収は2億~2億5千万位なので、×2になる共働きと専業主婦では2億くらい家庭格差が出てきます。

なので、そんだけ差があってもみんななんとかできてるので、身の丈にあった生活ができるならそんなに問題ないかと思います。

ただ、結婚初期、こどもでもできようもんなら、きつい時期があります。

さかもと
最近お母さんになった友達
みんなお金ヤバいっていゆう
旦那さん
うちは大丈夫?
さかもと
うちももれなくヒィヒィだよ!
さあ、踊ろう(ごまかすときの常套句)

一時的にでも女性が働けなくなり、収入が減り、産後手当とか入ってくるのも後手後手になるので、ほんと旦那様の稼ぎが頼りの綱。

里帰りとかしてると実家に渡す分のお金とか、旦那の生活費とか一緒に暮らすことで下がるはずの経費が上がったりで結構ぱつぱつです。

なので、旦那様様様様状態です。

手当は申請してその後入る感じなので、先立つものがないと火の車。

復職後、手当が入ってきて、1歳以降共働きに戻るとすこしは金銭的には楽になる感じ。

なんにせよ、その家庭ごとで必要な経費、目標が異なるので、そういう意味では価値観の合う相手と結婚するのがベターです。

【バーバパパ体型の私がおススメする婚活】

【ぽちゃ婚】~ぽっちゃり女性婚活応援サービス~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です