鬼小姑坂本、とうとう弟嫁にLINEを読まずに無視される

スポンサーリンク

弟夫婦の財布事情と、借金に口を出していた坂本、とうとう、弟嫁がLINE読まずに無視し始めました。

その期間、一週間。

即レスしないとキレる!!

って程ヒスじゃないので、一週間がたった頃、ソフトに、スタンプを送ります。

返ってきました。

ゆるーくやり取りが続きますが、

待つのもじれったくなったので、

弟に電話をかけて、かわってもらいます。

もちろん、まくしたてて、しばいちゃろうかの勢いで押します。

人の家族のことは深入りしない方がいい?

いやいや、まあ、家をでちゅうし、他の家に嫁いだとはいえ、うちの実家は高知で坂本家です。

うまくやってれば、口なんて出しません。

去年一年、でき婚で子供も生まれて上手くやりゆうと思ってたので一切口出ししませんでした。

が、

久しぶりに自分の結婚やらで兄弟と話したら、
親に借金あるは、
弟半年後に仕事の契約切れるのに嫁が子育てに専念したいって言いゆうは、
(専業とかしたかったらウチの弟絶対無理で、他の男にしやと結婚前に伝えてある)
そんなむちゃくちゃな状態で、

「結婚式は6月をよていしちゅうき祝っちゃってねー★」

と母親からLINE来るはで、
何から突っ込んでいいかわからん状態でした。

祝えるか!!!!!!

いろいろ無理やろ!!!!

というね。

家計カツカツで、実家から300メートルの借家から実家同居に

そんなわけで実家に同居することが決まったので、

即、弟に電話しました。

私「実家に、お金いれよ」

弟「え?なんでよ」

という感じで、700キロ離れた北の地から、実家の問題に超口出ししています。

なんで、うちの家族の周りの高知の人はまともな人が本当におらんがやろうか。

不思議~♪

そんなわけで、6月には実家にまた一度帰るので、

久しぶりに土佐弁で超のびのびしてこようとおもいます。

ウフフフフ。

北陸では別人格モードで暮らしてます。

実家と電話をした後は、大抵旦那が怯えています。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報はこちらから





お知らせコーナー

プロフィール

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。
友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。
FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です