成熟昆布って?!地元民に愛される「しら井」のにしんの昆布巻を食べてみた!@石川県七尾

にしんの昆布巻

以前、訪問した七尾一本杉通の「しら井」さん。

ちょっとお話していると、地元の方が10個位まとめてガンガン買っていくものがありました。

スポンサーリンク

1年成熟させた日高昆布を6時間煮込んだ昆布巻

ずっと気になってました。

で、今日ちょうど石川県七尾市一本杉通りを通ったので買ってみることに。

外観から素敵なお店!

店の前に停まっている自転車が地元民が来てる感じですね。


江戸時代、北前船が遥か蝦夷の地から鰊や鮭、毛皮とともに運んできた貴重な特産品のひとつが昆布でした。

この蝦夷との西まわり航路は別名「昆布ロード」とも呼ばれ、七尾港には絶えず十数隻の北前船が停泊していたとのことです。

(しら井HPより引用)

店内も素敵な感じでいろいろな加工海産物があります。

お麩やこんぶ飴も!!今度お土産にしようかな~

さすが!こんぶもたくさんありますね♪
スーパーでしか買ったことなかったけど、今度ここで買ってみようかな。

16時過ぎにいったのですが、お目当ての”にしん昆布巻”は…ありました♪

1本98円(税込)まだ残っててよかった!

“にしん飴炊き”1束325円(税込)もおいしそう!給料日後に今度挑戦してみようと思います。

今日は晩御飯用に昆布巻2つ購入♪

さっそくお皿に盛って…

切って、…おお、にしん!

昆布を先に食べます。…やわらかっ!!!そして丁度すぎる甘さ

これは、おいしい。

そしてにしん部分も…やわらかっ!!!

ニシンが昆布と一体化してうまみが増して、隙がない感じ。

正直、昆布巻とか好きでも嫌いでもなかったですが、私の中で革命が起きました。

これはすごくおいしい。

しかも財布に優しい値段設定!5~6時間家でこんなに煮込んでられないですもんね!

高いお土産物屋さんのイメージだった「しら井」さんですが、一気に身近に感じました。

二階には、昆布にまつわる品々の他、店主さんが集めた古き良き時代の道具や骨董などを陳列展示してるらしいです。

七尾観光で一本杉通りに来てたら昆布巻食べながらレトロな道具を見るのもおススメですよ♪

あまりの私の感動ぶりに、同居人に、

「すごくおいしいけど、毎日いっぱい買ってこないでね」

と釘をさされました。笑

ハマると繰り返し食べちゃうんですよね~とりあえず、リピート決定♪

燻製用ブロック肉買いに一本杉通り行くとき、また買いに行きます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
にしんの昆布巻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください