【ローカルスイーツ】高知の文旦の食べ方を、ほとんど誰も知らないのでざっくり紹介

この時期、実家に帰ると、当たり前のように文旦があります。

「あそこでこうてきたけど、あたりか解らんき食べてみて」

と言われながら今回も食べました。うんまー!

うちには今回。須崎の内ノ浦の方の文旦がありました。

実家には、むっきーちゃんが常備されていて、

お父さんがすいすい剥いでくれます。

スポンサーリンク

文旦の食べ方

①むっきーか包丁で皮に切れ目を入れる。

②指をぐいぐい入れて、皮を浮かし、くるっと回して、

サザエさんのエンディング状態に剥ぐ。

③剥いだ皮は種&皮入れにして、白い皮を剥いでいきます。

むっきーがあればシャッと通して皮をあけます。

なければ指か歯で。

お客さんに出す用と考えるとむっきーは画期的な商品やと思います。

④種、皮をしっかり剥いで、

これで完成!食べれます。

親切な出し方はこんな感じ。

個人的には、片方の黄色い蓋に皮、片方の皮には文旦のむきみをあつめて一気食いするのが大好きです。

もちろん、他人にはあげません。

手間がかかりますが、美味しいので、

「もう一個食べようかな」

というと、

「ばっかり食いせられん、明日にしいや」

と言われました。

翌日の結婚式には、切れ目を入れたマイ文旦を持参しましたが、控室の炬燵の上にも当たり前のように文旦が。

女4人でむきむき食べました。

いと幸せ。

高知県民の文旦あるある。

●早すぎても、遅すぎても美味しくない。

●時期、場所によって味が違うので、いろんなとこの安いヤツをためし買いしてから一気買いする。

●文旦の柄と硬さで美味しさを見極めることができる。

●包丁がなくても、爪を立てて器用に剥くことができる。

●春先に家にある、ようもらう。

グレープフルーツ好きなら多分好き!

面倒臭がりの高知県民がこれだけ愛してめっちゃたべゆうがやき、多分うまいもんながやとおもう。
美味しかった内ノ浦の文旦、
この前お世話になったうちの旅館に3箱送ったぜぃ! 

クラブツーリズム テーマ旅行

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!









更新情報はこちらから










お知らせコーナー

プロフィール

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

コチラではインタビュー依頼や、ブログでやってほしいことなどなんでも絡んでください。


友だち追加

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です