24歳移住者「5人いれば、王国は作れる」矢野大地君が限界集落で抱く野望とは

山沿いの細いうねり道をぐんぐん奥の山間部へ進んでいく。

「まだ奥かな?」

それでもナビはまだ先を刺している。

道沿いの細道を上ると、一軒の家があった。

眼下は、雲が流れる、絶景。

当日雨のため、BBQをこの土間でしたのだけれど、

火をおこして窯でさくっとみんなのご飯をたいたり、

ホストとして立ち回る彼(右)を見て、

「何?この生きる力」がある青年は…

とびっくりした。

山の奥の古民家を月一万で借りながら色々と直して人が集まれる場であるこの家で暮らし、
月間10万PV以上のブログを運営し、
NPO法人を立ち上げ、
400人以上がこの「大地ハウス」を訪れている。

え?24歳?面白い子に話を聞いてきました。

スポンサーリンク

「若い人が急にきて、その土地をひっかきまわすのは良いと思う」

この山の中の一軒家で情報発をしながら、人が来る場を作っている24歳の

自由になったサル」というブログを書いているのは矢野君。
最近NPO法人も立ち上げた。

そんな彼とBBQのあと、少し話をした。

よくこれくらい山の中で住んで新しいことをしようと思ったね!
すごい絶景で、嶺北自体色んな移住者の人らあも多い面白いポイントやとは思うけど

地方は、新しいしくみができないと変わらないですね。
ずっと住んでいる地元の人たちにとっては△なことでも、
新しく来た若い人や、ここに住んでいる若い人たちのためになることを、
10年、20年先を見ながら実行していかないと意味がない

笑!ストレート!

ポジティブに見える部分ばかり発信したいのもわかるんですけど、
それだと、ここに来る人達が『思ってたのと違う…』というズレが生じてしまうことが多々ある。

まちづくりとか、移住でそういう消耗をする人に結構あったり、聞いたりするので

実際入ってきて生活していくと、
雑誌とかイメージからしかみえんかったものとだいぶギャップがあるもんね

ゆるい田舎ライフを望む人は長野とか、山梨に移住したらいいと思う

移住者は色んな気持ちで移住してくるとおもうけど、
まちおこしとか、その地域に住むって決めるのであれば、
『自分たちでその地域をつくる』という気持ちや覚悟がないと変わらないと思うんです。

実際、雑誌とかに出ているスローライフをロハスに楽しむみたいな田舎暮らしを描いている人は、
山梨とか長野に移住すればいいと思う。

都会に近いところで、いいところを楽しめる感じの位置で。
そういう移住のイメージで高知のこういう山の中に来てはいけないと思います。
大いなるミスマッチが生まれるので。

そうやね、不自由なところとか、
援助も期限があったり、現実はやってみるとうまくいくことばかりじゃない

耳障り良いことばかりじゃ実際の生活とギャップがおおきくなるだけなんですよね
実際地元住民の人と分かり合うのってむずかしかったりもするし。

ただ、自分は『リアルにしたい生活をしゆうだけ』なので。
地元の先輩たちの声には耳を傾けるけど、
昔からつづいてきたことを守り続けることは今の形に逢わないこともあるので、『諦めてもらう』。

たとえば、僕が今住んでいるこの集落って、12世帯あるんです。
で、うち2つが僕含め若い移住者なんです。

今はまだ2人ですけど、これが5人になったら、
僕が今見ている「王国」は作れるんですよね。

王国をつくる?!何ソレ、めっちゃおもしろい!!


どうやってつくるが??

「僕は今、マネジメントとか、発信とかに関して特化して、ここに住みながらそれを強化している。
もう一人の移住者は農業に特化している。

もし、あと一人、パッケージデザインとかができる人が一人来たら、
野菜を売るサイクルがもうできる。
それで一つの商売がもうできるんです

確かに!!!

だから、まちづくりっていうと規模が大きくなって大きなことをするイメージになりますが、
この12世帯の集落から『ビジネス』を作ることはそんなに難しいことじゃない。

だから僕らみたいに、『ここで何かをやっていきたい』と覚悟や本気の気持ちを持っている若者が、
5人もそろえば、ワクワクするようなことを具現化できる『王国』ができるっていうのが見えるん
です。

もちろん、地元の人の方が人数も知っていることが多いから、
知恵をかりながらにはなりますけど。
この前も75歳の人たちとお酒飲みながら話しました。

ほほーーーーー!!すごいね!!確かに。
しかも具体的ですぐできて、わかりやすい。
他はどんな人が欲しいが?

①矢野君→マネジメント、発信
②農業出来る移住者→野菜をつくる

で、ほしい人材が、

③デザイン&パッケージができる人
あとの④、⑤は?

スペックとかで求めているのはないですね。
ここに遊びに来てくれたり、(今までこの大地ハウスは山奥にも関わらず400人が訪問している)
移住している人もいるけど…

結局、感覚的にはなるんですが『僕が一緒にやりたい』と思った人になりますね。
有機的に繋がれる人。
この人!っていうツボが合う人。
僕、行動も後付けが多いんです。
直観的に選んで、進んでいくタイプなんで。

ただ、決めたら向き合う、やっていくしかないですからね笑!

この山の間から何が形になっていくかが超楽しみやわ!
これからもブログたのしみにしゆうね!

インタビュー直後にUPしていたこの記事にも矢野君のストレートな意見がいっぱい出ていて面白かったです。
移住に関心がある方は、是非ご一読ください。

【参考記事】↓

【矢野大地プロフィール】↓

イケダハヤトのアシスタント1号。

NPO法人ONEれいほく代表理事

月間10万人の人に読まれるブログ「自由になったサル」を運営。

一記事で30万人以上の人に読まれる記事も→小学校から教員目指してて、教育実習行ってから教員になるのやめた理由

出身は京都府。高知大学を卒業後、フリーランスでライター、地域コンサルなどをナリワイとしている。

【坂本のおすすめ夏の高知のオクリモノ】

●やっぱり、ごっくんやろ!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

更新情報のチェックはこちらから



お知らせコーナー

プロフィール

高知出身の1986年生まれ(五黄の虎)
18歳で脱藩、京都、金沢、富山高岡、能登半島住の転勤族。北陸か高知に大体おります。いつの間にか本籍は新潟県佐渡島に。一児の母。

元肉食系広告代理店勤務だったので、恋愛やお店のPRに関してのアドバイスが得意。

フェイスブック、ツイッターのメッセージ、そしてコチラでもライティングやインタビュー依頼、ブログでやってほしいこと受け付けます。

友だち追加

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。



The following two tabs change content below.
1986年高知生まれの五黄の寅年、一児の母。 転勤族の妻で今は佐渡島のターン。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です