【レシピ】イノシシ肉の燻製でも作業時間は12分。豚肉とどう違うのか検証してみた!

スポンサーリンク

事の発端は年末帰省。豚バラ燻製を実家でふるまったら、「脂がしつこいきいいわ~」と評判いまいち…(゚皿゚メ)じゃああっさり脂身のイノシシならどうなるか試してみることにしました。

父親がよく、本業猟師と勘違いされているけど本当は消防士、坂本です。

父からイノシシ肉のブロックが2つほど届いたので、即効解凍してとりかかることにしました。

いいね~ブロック肉。最近は父が肉をカットする機械を購入して薄切りで食べやすいイノシシ肉が届くのでブロック肉はなんか新鮮。

では、下準備にかかります。

①フォークでさしまくる。【作業時間3分】

気持ち豚より柔らかい気がします。

②ジップロックに入れ、肉になじむくらいの味噌と蜂蜜を投入し、全体に伸びるようにもむ【作業時間2分】

あとは1週間放置します。

③肉を取り出して洗い、

キッチンペーパーで水分を拭きとり、

更にキッチンペーパーを敷いた皿に置き、ラップをかけずに冷蔵庫に入れ更に1日放置。水分飛ばします。【作業時間3分】

いつものこれにセットしまー。

④MY燻製器にガスで火をつけたスモークウッドを設置、その上に水分が抜けた肉&ズ―チーとウインナーをちりばめます。【作業時間4分】

スモークウッドは簡単でもうチップ使えなくなりますわ。

後は放置でOKですが、気になったら見て、火元が強いスモークウッドのとこが焼けてくるので、そこのところの場所を何度か変えてあげてもいい感じです。 (放置するとその部分が黒くなっちゃいます。私はよく放置するのでそうなる)

私の燻製器だとスモークウッドが5時間位持つのでたまにチーズの燻製を増やすべくとり変えるくらいです。

ああ、楽しみ。

できました。

しばらく放置してたので、スモークの灰と脂がかたまって見栄え悪いですが、これで完成。

⑤お約束の1日放置。当日食べると炭くさくてがっかりなので、待ちましょう。

むむっ。調理中、イノシシのにおいするー!(説明が難しいが、これが獣くささかも)味もかなりイノシシながかなー。因みにバラブロックの時は油を敷かず出てくる油で野菜炒めできます。

これが豚やともう一品作れるんじゃない?!って位脂がでます。

おや?全然あっさり!むしろ豚とかわらんけど脂が豚より控えめでつづけてイケるやーん!


【結論】イノシシと豚で違う点は、調理時のにおいと、出てくる油の量。味もぶっちゃけそんなに変わらないので、脂の分、あっさりして食べやすいのはイノシシですね。

悔しいけど、豚が脂っぽいっていう弟の感覚は正解でした。イノシシで育つとこうなるんですね

そんな感じで次は見栄え全然変わらない豚バラブロックを燻ます。見た目全然変わりません

燻製の始め方もそのうち紹介します!仲間を、増やしたい!!!!

どの燻製器買うか迷ったらこれを一読するのをお薦めします♪

最後まで読んでいただきありがとうございます。

「フォロー」、「シェア」、「転載(出典先を明記の上)」してもらえると一人で祝杯をあげます!

人気の温泉宿を口コミで選んで最安値で予約!


更新情報はこちらから





お知らせコーナー

プロフィール


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス


さかもと みき 作『坂本、脱藩中。』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。

名刺作成、販促ツール作成、マタニティフォト、ライターも頼まれたらやってます。気軽にお声かけください。

北陸の知りたいこと、紹介してほしいもの、お店、人募集中です。

FBメッセージなどで気軽にお声かけください(*・ω・)ノ


スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です