スポンサーリンク

海猿じゃない海保の彼と映画「海猿」を見て現実とのギャップをきいてみた

海上保安部
スポンサーリンク

営業で、自衛隊駐屯地や海上保安部に出入りしていました、坂本です。

当時話題だった「海猿」。

営業トークで話題に出しても、そこにいた年配保安部の誰もが、

「見ていない(見るつもりもない)」

といっていた「海猿」。

有名映画は避けて通る私でしたが、職場で尊敬してる海猿が大好きな料理長に会うたびに彼(海保勤務)のことをきかれ、だんだん見たくなり、とうとう彼と見ることに。

え?俺も見るの?

彼は海猿ではない

海が好きという思いで転職してまで海上保安庁に入った仙崎。第七管区福岡海上保安部に配属されたが、地上や船上勤務を退屈と感じ、エリート集団である潜水士を目指し、海上保安大学校の潜水士課程に入校するところから物語は始まる。海猿と呼ばれる若き潜水士候補生の友情、恋、挫折、試練、成長が描かれた。 (Wikipedia)

付き合ってる人が海保というと、よく友達に「海猿?」と聞かれます。

俺は海猿じゃないよ、海猿は、エリートだから…

…彼は、普通の海保職員で潜水士ではないです。

海猿の由来

潜水士を指して「海猿」を使用するのは本作品における創作であり、海中で猿のように敏捷に活躍するイメージに由来した造語とされる(歯を食いしばることの多い業務であり猿の歯ぐきを連想させることから猿を隠語として扱ったという説もある)。しかしながら、一連の映画やドラマのヒット以降、マスコミや一般人が海上保安官の潜水士を指して「海猿」を用いる例も散見されるようになっている。

なお、実際の猿は海中に潜って敏捷に活動することはない(さらにはシーモンキーとは全く関係がない)。また、海中で高圧空気による呼吸をしている場合の激しい運動や急な深度変化は、窒素酔いや潜水病の原因となるため慎まれている。
Wikipedia海猿より

管区や乗る船によっては、彼の職場に海猿(潜水士)がいることもありました。

海猿(潜水士)の人は、冬の寒い日でも職場に走って通っていました。
ほんと、漫画の通りなんですね…
(映画は避けてたけどちゃっかり漫画は読んでました)

「海猿(潜水士)」は選ばれし、エリートです。

いざ!海猿じゃない海保職員と海猿鑑賞

という訳で、全然乗り気じゃない海保の彼に「海猿」の感想を聞いていきます。

~序盤・訓練シーン~

さかもと
ねーねー、海猿になりたいと思う?
う~ん、まあ、できたらね。そこまでじゃないけど、挑戦できるならしてもいいかなと思う
さかもと
海猿ってやっぱ難しいが?
そうだね。昔は希望者も少なかったから簡単にいけたらしいよ。あ、俺もダイブマスター持ってるわ
さかもと
へえ~それってすごいが?
いや、べつに…すごくはないかなぁ
さかもと
訓練こんな感じなが?
う~ん、わかんない。正直、潜水士のことはよくわかんないんだよね
さかもと
おんなじ船にのっちょったがやないが?
うん。船まで走って出勤しとった人おったろ?あれが潜水士。あ、この曲…
さかもと
聴いたことがるが?
この音楽、船の一般公開の時ずっとかかっとるわ。いつまで引きずるんだろ…
【追記】
2017年佐渡での一般公開の時は音楽なかったです。
因みに海保への営業は求人募集の広告の話しでいってましたが、担当当時、海猿フィーバーで、映画の最後に求人のせるのに予算ぶっこんで募集するとフラれました。

~中盤・恋愛シーン~

さかもと
どう?海保の人って、ベットインのとき、こんな掛け声する?笑
いや、しねえっしょ。船の上ではこんな感じで声だしてるけど真面目にやってるよ
さかもと
私の会ってきた職種の中では自衛隊、消防、警察、海保で一番海保が堅そうなイメージやったんやけど、こんな軽い人らあもおるが?
いるのかもね。モテる同期とかもおるし

キスシーンにて


ふたり「いやいやいや、ないっしょ!笑」

さかもと
いかん、かゆいわぁ
俺も、かゆい。もっと若い時に見たら共感できたのかもね

ふたりはアラサー…

さかもと
第七管区はいったことあるが?あっちらへんドック(船の修理)で行ってない?
あそこらへんにはいったけど、ドックは造船所で直すからね…

~後半・クライマックス~

さかもと
おお、ヘリあるんや
潜水士の上に機動救難士がおって、その上がトッキュー隊。機動救がヘリから降りてくる時はかっこいい
さかもと
ねえ、水中って音聞こえるが?
う~ん、音は結構頭の後ろから聞こえるから、方向はなかなかわかりにくいかもね
さかもと
監察官ってこんななん?
いや、本庁いったことねぇからわからん。でも葬式はこんなまでせんでしょ…と思うけど
さかもと
あんな熱血漢的なノリで決まるん?
本庁のことは…よくわからん…

船の上から「カンナちゃ~ん」て呼びながらハンケツを出すシーン

さかもと
知り合いがおったら、あんなに声かけていいが?
…う~ん、仕事中ならだめじゃないかな…

「海猿」を見終えて

さかもと
どうやった?
う~ん、もうちょっと若いころなら共感できたかもしれんけど、正直、踊る大捜査線の方が面白いかな
さかもと
好きやもんね、あのモノマネ…うん、やっぱ旬の時期に見るのがいいのかもね。漫画は面白かったけどな…あと近いものやとギャップ感じて冷静に見てしまう気エンターテイメントとして完全に楽しむのは難しいのかもね
まあ、潜水士の話しだし、やってることが違い過ぎて、別世界に見えた…制服にてるな~みたいな…
あれ?
みき、どうしよう、アマゾンとか評価結構高い…
さかもと
そうやね…私の周りもみんな好き。でも、映画はさておき、海さんの仕事があるから、日本の平和があると思うよ、いつもありがとう
はいは~い

そんな感じでした!口下手な彼なので、ひねった感想はもらえませんでしたが、一緒に見てて困惑しているのは伝わってきました笑
実際の潜水士が海猿みたらまた違う感想なのかな~

続編は一緒に見てもらえなさそうなので、一人で見ようかな…笑
もし一緒に見れたらまたレポートします!

余談ですが、国守る系の坂本的一番の萌え制服は、自衛隊より、警察官より、海保より、消防士です(ファザコン)

こんなのあった!海保関連もの

Tシャツ売りゆうがや~

これまじか…!コックにもよるらしいけど…
気になる笑

彼は、普通の手帳を毎年買ってる…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海上保安部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です